>  > OKADA PROJECTS(オカダプロジェクト) プラズマダイレクトエリシオン RR1/2

OKADA PROJECTS(オカダプロジェクト) プラズマダイレクトエリシオン RR1/2

ホーム > Python 開発環境 > PyDev の設定 - インタプリタ

PyDev の設定 - インタプリタ

PyDevのインストール直後には TRUST(トラスト) 三菱 ミラージュ プラグ [メール便送料無料]Greddy レーシングプラグ プロ・プラチナ 熱価8番 1995/10~2000/8 ミラージュ CK6A ■エンジン:6A11 ■排気量:1800 3本セット ※純正品番:MD313443 エスペリア スーパーダウンサス タイプ2 フロント左右セット ピクシスメガ LA700A EST-2373F ESPELIR Super DOWNSUS Type2 ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、インタープリタの設定が必要です。

まず、この設定がされていない場合、どんなエラーがでるのか参考までに確認しておきましょう。

インタープリターの設定がされていない状態で 165/60R15 DUNLOP ダンロップ WINTER MAXX 01 WM01 ウインターマックス 01 HI-BLOCK BALEX ハイブロック バレックス スタッドレスタイヤホイール4本セット、例えば、PyDev - Django Project の新規作成を試みます。

Next をクリックして次の画面にいくと、プロジェクト名を入力したところで画面上部に、 Project interpreter not specified というメッセージがエラーを示す赤バツアイコンとともに表示されます。

また USサイドステップ Evoque 2011-17ランニングボード用サイドローブレンジローバー fit Land Rover Range Rover for Evoque 2011-17 running board side step nerf bar、画面の下方には Please configure an interpreter in the related preferences before proceeding. というメッセージが表示されています。

このメッセージがでた場合の対処方法について書きます。

尚 エスペリア スーパーダウンサス タイプ2 フロント左右セット ハイゼットカーゴ S331V ESD-4184F ESPELIR Super DOWNSUS Type2 ダウンスプリング バネ ローダウン コイルスプリング【店頭受取対応商品】、こうした設定の常ですが、各種環境でいろいろなパスになっていたりして、

、 必ずしも私の行った設定で全てうまくいくとは限らないかもしれませんので 、参考までにお読みください。 ちなみに、私の手元ではどれでもこれでうまく設定できました。

OKADA セット【適応車種:ギャランフォルティススポーツバック(CX系)】WEDS PROJECTS(オカダプロジェクト) プラズマダイレクトエリシオン RR1/2 19×8.0J

Eclipse の Window メニューから Preferences を選択します。

左側のペインの中から、PyDev の下の Interpreter - Python を選択します。 (ここでは基本的な Python を利用することを考えています。)

そして、右側上部の Auto Config ボタンをクリックします。

すると、自動的にパスを検出して、次のような画面がでてきます。

OK をクリックすると、次のように Python インタプリタのエントリが作成されます。

この設定が完了すると、先ほど PyDev Django Project で見えていたエラーが消え、 さらに Interpreter の選択ドロップダウンボックスが表示されるはずです。

尚、Auto Config で表示されたインタプリターと異なるバージョンのインタープリタを明示的に指定するばあいは、

OKADA PROJECTS(オカダプロジェクト) プラズマダイレクトエリシオン RR1/2

Advanced Auto Config ボタン が利用できます。「PyDev での python3 インタプリタ設定」を参考にしてください。

ホーム > Python 開発環境 > PyDev の設定 - インタプリタ
{yahoojp} {python.keicode.com}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-33974