>  > 185/70R14 88S TOYO TIRES トーヨー タイヤ NANOENERGY3 PLUS ナノエナジー3 プラス CLAIRE RG10 クレール RG10 サマータイヤホイール4本セット
【ラッキーシール対応】期間限定、超特価!【日本正規品】K&N [ケイアンドエヌ] エアフィルター[純正交換タイプ] 【ファミリア/ユーノス100/ユーノスロードスター】 33-2034

185/70R14 88S TOYO TIRES トーヨー タイヤ NANOENERGY3 PLUS ナノエナジー3 プラス CLAIRE RG10 クレール RG10 サマータイヤホイール4本セット

185/70R14 L902S 88S TOYO TIRES トーヨー タイヤ NANOENERGY3 PLUS +38 ナノエナジー3 プラス CLAIRE RG10 クレール RG10 サマータイヤホイール4本セット

CARMATE(カーメイト)エンジンスターターセット TE-W5100 【TE87】 アルトエコ H23.12~H25.03 HA35S系 セキュリティアラーム無し車
教えてピクスタ |  はたらく人 |  ブレーンの視点 |  ピクスタの日々 |  Wonderful Life

裁量労働制でもホワイト企業でいられる5つの理由

 世の中では「裁量労働制は長時間労働の温床だ!」「ブラック企業最大の特徴だ!」と、すこぶる評判の悪い裁量労働制。でも 【代引不可】BELLEZZA(ベレッツァ):SelectionEX セレクションEX シートカバー (ベージュ) BEEXD743V1、さまざまな条件がそろうと「個人で時間の使い方をコントロールできるハッピーな環境」もつくれます。
 ただし、この「条件」がとても大事!!
 そこで、なぜ裁量労働制でピクスタ従業員がポジティブに働けているのか、その理由を紹介します。

185/70R14 トーヨー TOYO 185/70R14 CLAIRE RG10 NANOENERGY3 ナノエナジー3 PLUS PLUS タイヤ クレール RG10 TIRES プラス 88S サマータイヤホイール4本セット

 ピクスタでは、エンジニアとデザイナーに裁量労働制が適用されています。
 2012年6月導入時はエンジニアのみが対象でしたが、2017年1月には当人たちの希望により、デザイナーにも広がりました。

  悪の権化のように言われている「みなし残業代制」は全従業員を対象に導入されています。
 ユーザーファーストで最善・最速のサービスを提供していくためには、残業が必要になる時もあります。このため 【T234】ノア [H16/8-H19/6][AZR60/AZR65] セレクション Bellezza ベレッツァシートカバー、どの職種のメンバーも月間45時間相当分のみなし残業代を含めた月給制で給与設計されています。

 カレンダーどおりの土日祝日休みなので、月20日働いたとして1日2.25時間分程度の残業代が含まれている計算です。

 エンジニアとデザイナーは裁量労働制なので、出勤時間や退勤時間も自由です。
 やることやって、しっかり成果を出していれば、勤務時間が短くてもOK!

 なので、特に予定がなければ、エンジニアもデザイナーもほとんどの人が ミシュランスタッドレスXアイス3 XI3+ 215/45R17 & ジャパンsport01 17×7.0J 114.3/5H + 53 アテンザ ワゴン GGES、11時ぐらいまでには出勤し、19時前後には続々と退勤していきます。

言うても、長時間労働してんじゃないの? と思った方へ

 裁量労働制は労働時間の裁量権があるということ。やることさえやっていれば、極端な話、1日の労働時間が30分だろうが、10時間だろうが、一向にかまいません。
 だからこそ「言うても、実際は仕事が終わらなくて長時間労働するじゃん! そのくせ残業代出ないブラック企業化するんでしょ」っていうのが世間の声。そして 、残念ながらそれがブラック企業の実態なのでしょう。

  ピクスタの場合はどうか。
 こちらは、2018年02月21日(水)21:45頃のオフィス風景。

2018年02月21日(水)21:45頃のオフィス風景。振り返ったら誰もいなかった…(笑)

 この日は、ピクスタの3号カフェ(イベント等を行えるフリースペース)でRubyエンジニアのための有志勉強会「shibuya.rb」が開催されていました。ちなみに、弊社主催の勉強会ではありません。この「shibuya.rb」のメンバーにピクスタエンジニアが2名参加している関係で、会場提供をしています。
15インチ サマータイヤ セット【適応車種:スクラムワゴン(DG64W)】WEDS レオニス FY ハイパーシルバーミラーカットIII 4.5Jx15ディレッツァ Z3 165/55R15shibuya.rb」に参加していたエンジニアは、21:30頃までオフィスにいました。

  ちなみに、普段は20時の時点でメンバーの半数は帰宅済みです。
 21時には、ぽつぽつとしか残ってません。

 ね? みんないないでしょ?

ピクスタが裁量労働制でもホワイト企業でいられる5つの理由

 さて、本題です。
 ピクスタが裁量労働制でもうまくいっている理由には、大きくわけて5つの理由があります。

  • 自社サービス企業
  • 「個人の人生」を大事にする社風
  • ボトムアップ型の組織文化
  • 採用はとことん理念重視
  • 評価までブレない価値観

      ひとつひとつ、解説していきます。

    理由1:自社サービス企業

     ピクスタは創業以来、自社開発によるプラットフォーム事業を運営しています。自社サービスなので、考えることはただひとつ、ユーザーにとって最適なサービスをスピーディーに届けること。その追求によって事業を成長させることです。
     その実現のために、短期〜中期の計画を立てて粛々とサービスを磨いていきます。

     こういうスタイルだと、基本的に以下のような仕事の進め方になります。

    • スケジュール的に無謀な計画は立てませんが、可能な限りスピーディーに!
    • 完全無欠を目指すより、ユーザーの反応をみてPDCA高速回転!

       これがクライアントから仕事を請け負う受注企業だとそうはいかないのかもしれません。
       営業チームが契約をとりつけたクライアントの要望に応えるためには、完成度100〜120%のものを期日までに必ず収めなければならない……のではないかと。
       そうすると、エンジニアやデザイナーたちは

      「こんなスケジュールでできるわけないだろーー!」
      「マジでこれ全部実装すんのかよ!? 鬼かあぁ!」
      「ぎゃああああ納期に間に合わねえええええええ!」

        という心の叫びをSNS上で吐露せずにはいられなくなる……のかもしれません。

      ピクスタだとこうなります。

      「ユーザーにはなるべく早く届けたい。でも最適なサービスの精度にするには制作に◯日かかる。リリース日はこの日にしましょう」
      「優先順位つけてフェーズを分けて、一旦フェーズ1でリースして反応見てフェーズ2に移行しましょう」
      「バグ発見しました。このままだとユーザーのためにならないので、改善時間をください。急いで修正しますが、ユーザー最適優先で、あと3日延期していいですか?」

       と、こんな具合に、常に「いかに早く、ユーザーにとって最適なサービスを提供するためには、どうすべきか?」を追求しながらも、そのためにメンバーが毎日過酷な残業を強いなければ実現しないようなプランは立てません。

      理由2:「個人の人生」を大事にする社風

       ピクスタの理念は「才能をつなぎ、世界をポジティブにする」です。
       これはユーザーに限ったことではありません。ピクスタのメンバーにも「個人の力を発揮して、ポジティブな人生をおくってほしい!」という想いも込められています。 

       ポジティブな人生をおくるために、大事なことは以下の3つだと考えています。