>  > ●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製)
F-TECH マジェスタ V1(14系) REAR SP(3PCS) 塗装済み

●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製)

●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン BE3-A040×2 (カーボン製) DT-STYLE

年会費制のご案内

DC5 (カーボン製) (カーボン製) リアボトムライン ●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ 後期 リアボトムライン

新しい材料 柿本改 マフラー 【N52388A】 KRnoble Ellisse パレットSW 09/9-10/3 DBA-MK21S クリスタル10加速騒音規制対応、技術、試験法、加工法などに関して具体的なテーマを取り上げ、その可能性を探るセミナー形式の講座です。

近年過去開催分

趣旨: 電動化モビリティーや再生エネルギー活用におけるキーデバイスとして、電池の重要性は益々高まっています。電池は各種動作原理に基づくマルチマテリアル・マルチフィジックスなデバイスであるため、その革新的な開発に対して高分子科学が果たすべき役割は大きいと考えられます。本企画では、安全性向上・高容量化に向けた開発が進むリチウムイオン二次電池に加え、レドックスポリマー電池やバイオ燃料電池などの各種電池デバイスを幅広く取り上げ、最先端の研究開発成果と高分子への期待について分野を代表する研究者の方々に紹介していただきます。
日程: 2019年4月24日(水)
会場: 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

趣旨: プラスチックは 【送料無料】 【エスペリア Espelir】ワゴンR 等にお勧め ダウンサス / 1台分セット 型式等:MH34S 品番:ESS-1937、その軽さや加工性を生かした一般製品や、機能開発により性能が向上した工業製品を通じて 、暮らしの快適さに貢献してきました。しかしながら、最近はプラスチックによる海洋汚染が注目されるなど、SDGsを掲げて持続可能化へ向けた取り組みが求められる企業だけではなく、学術的な研究でも新しい高分子材料開発においては環境を意識することが求められるようになっています。本企画では EKチェーン ~750cc用 525SRX2-120L スチールチェーン、これからのプラスチック開発の在り方を考える機会として、関連分野の講師の方々に取組みの方向性や技術について紹介していただきます。
日程: 2019年6月11日(火)
会場: 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

趣旨: 放射光施設は常に新しい発展を目指した改良が行われており,高分子材料の構造および物性の解析にもより使いやすく,より身近な利用が可能になっています.特に,企業の研究者・技術者が放射光を利用し始めたことで、企業研究における材料開発に直結した応用例が数多く報告されるようになってきました。本企画では、産官学研究者による放射光を利用した最新の研究から、その利用範囲を広げることを目指した開発まで、様々な事例を紹介していただきます。
日程: 2019年9月3日(火)
会場: 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

趣旨: 「有機材料を制するものは将来の電子産業を制する」と言われるように、パイ電子系分子の集合体からなる有機半導体は、従来のシリコン半導体技術では実現困難な素材の柔らかさを備えた新しい価値が創出できると期待されています。近年、従来の性能の理論限界を超える有機材料も報告され、有機半導体デバイスへの新たな展開が注目を集めています。本企画では、キャリア移動度、伝導度などの半導体性能の向上のための取り組みについて ULTIMA ALLOY アルティマ アロイ ハンドルポスト ジャンパー Φ22/2mm ノッチ/ブラック仕上げ【Jumpers Φ22,2mm notches, black finish 】【ヨーロッパ直輸入品】、分子設計技術、有機合成技術、デバイス技術、プロセス技術、予測技術などをキーワードとして、産学官から最新の動向を紹介していただきます。
日程: 2019年10月1日(火)
会場: 東工大蔵前会館 ロイアルブルーホール

趣旨: 現在、自動車業界では100年に一度の大きな変革期を迎えています。変革のキーワードはCASE「Connected(つながる)、Autonomous(自動化)、Shared(共有)、Electric(電動化)」であり、これらの分野に関わる技術開発が熱気を帯びてきました。高分子材料は、目的に応じて多様な機能を発現できることから 215/60R17 TOYO TIRES トーヨー タイヤ TRANPATH ML トランパスML Bahnsport Type504 バーンシュポルト タイプ504 サマータイヤホイール4本セット、CASEにおける技術開発においても重要な役割を担います。本企画では、CASE及びそれに関連する分野の高分子材料について、開発の現状や今後の展望について紹介していただきます。
日程: 2020年1月22日(水)
会場: 積水化学工業株式会社 京都研究所講堂

趣旨: 高分子材料、

●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製)

塗装カラーの指定
単色(色番号指定) 単色(色番号指定) 塗装済 +0円
パール色単色塗装済 [3コートパール] +5,940円
2色塗分(色番号/近似)2色塗分(色番号指定/近似色) 塗装済 +11,880円
3色塗分(色番号/近似)3色塗分(色番号指定/近似色) 塗装済 +21,382円
UVクリア塗装のみUVクリア塗装のみ(カーボン製品にお勧め) -2,376円
マットブラックマットブラック塗装 +9,504円
その他色・相談その他 塗装済[その他特殊色、特殊色分け等] お見積り


INTEGRA DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製)
メーカーチャージスピード【CHARGE SPEED】
カテゴリリアバンパーカバー / リアハーフ
適合代表車種DC5 インテグラ TypeR INTEGRA TypeR DC5
※詳細な適合の事前確認はお問い合わせください。
お届け納期メーカー及び商品によって異なる為、お急ぎの方はお問い合わせください。
※ショッピングカート受注後でも納期確認後のキャンセルは可能です。
発送送料送料無料となります。
※個人のお客様への発送は追加料金が掛かる場合があります。ご自宅へ発送希望の方は予めお問い合わせください。
注意事項※商品画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます。
※塗装は色番号でご指定頂きます。お車の状態によって、色違いが発生する場合もございます。予めご了承ください。
※塗装サービス商品のキャンセルはお受け致しかねます。必ずご注文前に、適合、納期等のご確認をお願い致します。
商品タグINTEGRA DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製) リアバンパーカバー / リアハーフ チャージスピード CHARGE SPEED DC5 インテグラ TypeR INTEGRA TypeR DC5 塗装済 ペイント済 カラード 純正色 色番号 カラーナンバー 塗装付 ペイント付 艶消し ブラック ホワイト ガンメタ マットブラック
キーワード塗装済 ペイント済 カラード 純正色 色番号 カラーナンバー 塗装付 ペイント付 艶消し ブラック ホワイト ガンメタ マットブラック
詳細は・・・お気軽にお問い合わせください。
関連商品


、無機フィラーおよびその界面制御技術の進展に伴い、有機無機ハイブリッド材料が格段の進歩を遂げています。このような材料は、もはや力学特性や耐熱性の向上のみならず、その組成や構造を最適化することで熱や光、電気の伝導等のマネジメントを可能とし、多様な用途へ展開されています。本企画では、それらの「マネジメント」に焦点を合わせ、最前線で活躍されている講師の方々から、

●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製)

、最新の有機無機ハイブリッド材料・技術について紹介していただきます。
日程: 2020年3月11日(水)
会場: 東工大 ディジタル多目的ホール

2018年度 ポリマーフロンティア21
2017年度 ポリマーフロンティア21
2016年度 ポリマーフロンティア21
2015年度 ポリマーフロンティア21
2014年度 ポリマーフロンティア21
2013年度 ポリマーフロンティア21
2012年度 ポリマーフロンティア21
2011年度 ポリマーフロンティア21
2010年度 ポリマーフロンティア21
2009年度 ポリマーフロンティア21
2008年度 ポリマーフロンティア21
2007年度 ポリマーフロンティア21
2006年度 ポリマーフロンティア21
2005年度 ポリマーフロンティア21
2004年度 ポリマーフロンティア21

行事

公益社団法人 高分子学会

〒104-0042 東京都中央区入船3-10-9 新富町ビル6階
Tel: 03-5540-3770 Fax: 03-5540-3737
E-Mail: kobunshi@spsj.or.jp

本ホームページ「main.spsj.or.jp」に掲載の記事・写真等の転載を禁じます。
すべての著作権は公益社団法人高分子学会に帰属します。

Copyright ©●塗装サービス付き●●チャージスピード●インテグラ DC5 後期 リアボトムライン (カーボン製) All Rights Reserved. The Society of Polymer Science, Japan

{yahoojp} {spsj.or.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-10492