>  > 【クラッツィオ Clazzio】ヴィッツ/Vitz NCP131 などにお勧め クラッツィオ キルティングタイプ ・ シートカバー 1台分 品番:ET-1120
【イベント開催中!】 ジーピーアール GPR FURORE NERO ITALIA (BMW R NINE-T 1200 SLIP ON EXHAUST MUFFLER) スリップオンマフラー R nineT
18 クラウンアスリート フロントバンパー【エイムゲイン】クラウン GRS182/GRS180 前期 GENERATION FRONT BUMPER |

このブログの更新通知を受け取る場合はここをクリック

【クラッツィオ Clazzio】ヴィッツ/Vitz NCP131 などにお勧め クラッツィオ キルティングタイプ ・ シートカバー 1台分 品番:ET-1120

【クラッツィオ Clazzio】ヴィッツ/Vitz シングルシート NCP131 などにお勧め 黒 クラッツィオ キルティングタイプ ・ シートカバー 1台分 品番:ET-1120

目次
●倭国の建築 [7世紀以前]
●大陸建築の移植 [7-8世紀]
●「和様」の形成 [8-12世紀]
●野屋根と中世仏堂 [12-13世紀]
●中世の新技法 [12-13世紀]
●架構の模索 [13-15世紀]
●小屋組と軸組の分離 [17世紀]
●余談と参考文献

記事一覧へ


京都・二条城の御殿と、北京・紫禁城の太和殿。 ともに近世の日本と中国の支配者が残した代表的な建物だが、断面図を並べてみると、その構造に大きな差があることが分かる。 

日本の伝統的な建築文化は、古代に中国の建築を模倣することから始まった。 その後の千年でこれだけの違いが生まれたのは、一体どのような経緯によるのだろうか。 それが筆者の建築史に対する興味の第一歩だった。  ここではまず、屋根を支える構造――すなわち「架構」について、日本が選んだ道を、簡単に振り返ってみることにしたい。


●倭国の建築 [7世紀以前]

中国式の建築が伝わる以前に、日本の建物がどのような構造を持っていたのかは、建物が残っていないため、直接には分からない。 しかし、伊勢神宮などに残る古い形式の神社建築や、古墳から出土する家型埴輪などを見ると、当時の日本では梁の上に叉首や棟束による架構を組んで棟木と側桁を置き、棟木の上で接合した前後1本の垂木(たるき)を架け渡す、といった比較的簡単な構法が使われていたと推測される。




●大陸建築の移植 [7-8世紀]

中国の木造建築のもっとも基本的な建て方は、柱からなる軸部に梁をのせ、梁の上に束を立てて架構を組み、架構のいちばん上に置かれた桁を支点に屋根を架ける、というもの。 ここで建物の規模を大きくしたい場合、桁行方向〔桁がのびる方向〕には同じ構造を並べることで簡単に拡張できるが、梁間方向〔梁がのびる方向〕への拡張は屋根が大きくなるため、屋根を支える梁上の構造、すなわち架構を工夫する必要がある。


奈良時代の日本では架構の技術が未熟だったため、大きく高い屋根を架けることはせずに、外側に低い柱を立てて屋根を葺きおろしたり、軒下に別の屋根を架ける「裳階」を纏わせたりして、梁間方向の奥行をひろげていた。* ここで付加部分を「庇」、庇が取りつく主体部分を「身舎」と呼び、外側の柱を側柱、建物内側の柱を入側柱と呼ぶ。 架構の制約から、身舎のまわりに庇がめぐり、内部に入側柱が立ち並ぶという、画一的な平面構成を取らざるをえない点に、この時代の限界があった。 【2018年製】送料無料 185/65R15 88Qピレリ アイスアシンメトリコプラス PIRELLI ICE ASIMMETRICO PLUS新品 スタッドレスタイヤ ホイール4本セットヒューマンライン HS0115インチ 6.0J 5H114.31


奈良時代の遺構、唐招提寺金堂[770-781年/奈良]と法隆寺東院伝法堂[761年以前/斑鳩]。 いずれも柱を1:2:1の間隔で並べて身舎と庇を分かち、側柱を入側柱より低くして屋根を葺きおろす、典型的な古代の構造と平面を持つ。


●「和様」の形成 [8-12世紀]

平安時代になり、中国との交流が途絶えると、建築は日本の風土と文化に合わせた変化を遂げ、「和様」と呼ばれる様式が形成されてゆく。

中国の建築文化は土足での利用を基本とし、それを導入した日本の寺院や宮殿も当初は床を張らなかった。 一方で貴族の住まいでは弥生時代以来の高床式住居の伝統がまもられ デイトナ(DAYTONA) [92252] VELONA 電気式タコメーター 8000rpm バフボディー ホワイトLED、靴を脱いで上がる座式の生活がおこなわれていた。 平安時代以降は、住宅からの影響で仏堂にも床を張るようになり、それとともに仏前での儀式も座って行われるようになった。 座式を基本とした利用では目の位置が低くなり、内部空間についてもそれまでの天井の高い立体的なものより、低平で落ち着いた空間が求められるようになる。  こうして平安時代も後半になると身舎に天井を張ることが広まり、梁上の架構は隠されることになった。 DIXCEL/ディクセル ブレーキディスクローター PD フロント用 スズキ CERVO MODE セルボ モード 年式90/6~91/8 型式CN21S PD371 4005S NA2

また、軒先でも変化が起こる。 木造建築は水に弱いので、柱が雨に濡れないように軒を長く伸ばしたいが、軒先が下がると採光に難があるので、軒の傾斜をできるだけゆるくする必要がある。 ところが、屋根の傾斜がゆるくなりすぎると、こんどは雨水がすみやかに流れなくなり、雨漏りが生じやすくなってしまう。 中国で生まれた反り屋根は、軒先では屋根の勾配をゆるく、身舎では勾配をきつくして、この二つの制約をともに解決するすぐれた手法だった。*

しかし日本ではある理由から勾配の変化が大きく、折れ点の処理が困難だった。 屋根土を厚く盛る方法もあるが、法隆寺金堂[7C/斑鳩]では屋根が重くなることを嫌ってか、鰹節状の木材を置いて屋根土が厚くなるのを防いでいる。 10世紀に垂木を二重にする構法が生まれたのは、直接的にはこの問題への解決策としてではないかと推測される。 傾斜のゆるい「化粧垂木」の上に、傾斜を急にした「野垂木」を架けることで、身舎上の垂木との段差を解消するのである。


「野屋根」と呼ばれるこの技法は、木材をよけいに消費するものの、雨漏りを防ぐための屋根勾配と、外の光を取り入れるための軒の高さを同時に得られ、なおかつ建物のメンテナンスにも有利で、日本の風土に適したものだった。 


二重の屋根に囲まれた軒内部の空間は、天井裏と一体となり、日本建築は、床から天井までの空間と、それらによって隠れた屋根裏という、二つの内部空間に分けられることとなった。 そしてこのことは架構の発達にとって大きな意味を持っていた。 建物の意匠に対してきわめて保守的だった当時の人々の視線に束縛されることなく、自由に複雑な構造を組むことができるようになったからである。


●野屋根と中世仏堂 [12-13世紀]

やがて野屋根は 、建物全体の構造を変化させてゆく。

古代の寺院では、整然たる伽藍配置のもとで、建物の内部だけでなく回廊や前庭、中門なども利用して儀式が行われていた。 ところが平安時代になると儀式を一つの堂内で完結させるようになり、仏前に儀礼を行うための空間を設ける必要が生じた。 また奈良時代には国家に直接管理されていた僧団が、平安時代になり独立した運営を迫られた結果、僧侶の階層がさまざまに分化し、堂内の利用についても階級を反映した区分が求められるようになる。 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン NEXTRY ネクストリー サマータイヤ 225/50R17 WEDS ウェッズ IRVINE ホイールセット 4本 17インチ 17 X 7(MB) +48 5穴 1123 しかし古代の平面構成では身舎を仏像が占有すると、人間は狭い庇に横並びに立つしかなく、儀式を行うにも、また階層を反映した区分を行うにも不都合である。 そこで当初は、孫庇と呼ばれる庇を追加したり、あるいは二つの建物を並列させる双堂という形式を用いることで、仏前に「礼堂」という空間を設けていた。* 下図左は当麻寺曼荼羅堂の前身で、孫庇による拡張の例。 同右は法隆寺細殿・食堂で、双堂の例。


しかし庇を長くのばすと屋根勾配が緩くなりすぎ、雨漏りが生じやすくなるし、二つの建物を並列させる場合も、接続部分の雨の処理が難しい。 そこで、上述の野屋根を応用することが考案された。  孫庇付きの緩い屋根も、双堂の屋根も、丸ごともう一つの屋根で覆ってしまえば、雨処理の問題は解決できる。 孫庇に野小屋を架けた室生寺金堂[9世紀/京都加茂]や、双堂を野屋根で覆って一つの建物とした東大寺法華堂[8世紀/奈良]のように、平安時代末期から鎌倉時代には古代からの仏堂の多くが、礼堂と内陣という二つの空間を持つ、奥行の深い「中世仏堂」へと改築されていった。**


●中世の新技法 [12-13世紀]

また、野屋根が生じたことで、12世紀半ばには屋根荷重を梃子の原理によって支える「尾垂木」という部材が、軒内部の空間に入り込んだ。 これが「桔木」と呼ばれる日本独自の技法で、軒のなかに隠れることによって、外観を気にしなくて済む利点があった。 繊細な外観に対する日本人のこだわりは強く、もともと雨の多い日本では軒を延ばす必要が大きいにもかかわらず、細い角材を垂木として用い、それを平行に並べて屋根を支えていた。 これは丸太を用いた垂木を扇状に配置する中国や韓国の方法よりも力学的には不利で、日本の建物は年月を経ると自らの重みで軒が垂れ下がる問題を抱えていた。 屋根のなかに隠れた桔木は松のように強靭な木材を丸太のまま用いることができ、軒の支持に大きな効果を発揮した。


さらに12世紀末から13世紀前半にかけ、「大仏様」と「禅宗様」という2つの新様式が中国からもたらされた。 大仏様は中国南部の民家に見られる構法を参照したもので、柱に穴を穿って水平在を貫通させる「貫」と呼ばれる技法を多用することを特徴としていた。 * 下図左は大仏様の遺構、浄土寺浄土堂[1194年/小野]、同右は禅宗様の遺構、円覚寺舎利殿[15世紀/鎌倉]。


ちょうど1177年の大地震によって京都・奈良が大きなをうけ、従来の構造が水平力に弱いことを痛感していた日本人は、貫をさっそく自分たちの建築にも導入し、軸部を強固に固めるようになる。 それによって、日本建築は従来の柱が個々に荷重を支える構造から、箱型の軸部全体で荷重を受ける構造に変化していった。


貫で軸部が固められたことで、屋根裏に隠れた桔木の利点が最大限に発揮されるようになる。 従来は柱の上にしか置けなかった桔木が、軸部が強化されたことで、建物外周上のどこにでも 【ゼログラビティ】 スクリーン ダブルバブル スモーク(GSXR1000 09-14) 【1611302】、いくらでも配置できるようになったのである。 どれだけ配置しても、屋根の中にあるから外観を気にする必要もない。 こうして日本建築は、屋根内部に隠した多数の桔木によって、繊細な外観と長大な軒先を両立させることを実現する。 これ以降、古代に軒を支えていた組物や垂木は力学的な役割を失い、撤去されたり、ただの装飾として残されるのみとなった。 


●架構の模索 [13-15世紀]

鎌倉時代から南北朝時代にかけては、大仏様・禅宗様の意匠や技法を、既存の和様と巧みに織り交ぜた「折衷様」が華やかな展開を見せるが、これと並行して屋根内部の架構についても、さまざまな構法が試みられた。

初期の野屋根は、古代の架構そのままに 【USA在庫あり】 ITP TIRE MUD LITE II 25X8-12 0320-0904 JP店、身舎の梁に立つ束によって支え、庇から軒先にかけては化粧垂木の上に足場を置いて斜材や束を立てるという、不安定な構法で支えていた。 しかし平安時代末期から中世仏堂があらわれ、奥行の深い野屋根を架けるようになると 【マラソン!全品2倍以上&特別クーポン!】KARO/カロ FLAXY/フラクシー ミラ/L7#0S ジーノ660(~H16/11)、ジーノ1000含む 商品番号:1106、身舎上の束だけでは到底足りず、束の足場として小屋内に斜材が架けられたり、外陣上の天井桁や、庇の繋ぎ梁を利用することが始まり、さらに梁を身舎の外に張り出させて束の足場を作ることも行われた。 


またこの時代に登場した桔木も、梁と同様に束の足場となった。 桔木はテコの原理で軒先を持ち上げる部材だから、建物内部の屋根荷重を多く集めることが望ましくもあり、建物内部に深く伸ばして架構に組み込まれた。 たとえば浄土寺本堂[1327年/尾道](下図左)では桔木がそのまま繋ぎ梁としても用いられているが、このように桔木を用いて建物内側の屋根荷重を側柱筋上に集めることで、小規模な建物では入側柱を省略することも可能となった。 やがて14世紀も末になると、鶴林寺本堂[1397年/加古川](同右)のように大梁を外陣・内陣に連続して架け、その上に束が均等に立ち並ぶ小屋構造が確立する。4


加えて、桁行方向に梁をわたす構法も13世紀末に登場する。 従来は柱の上に立つ梁の上にしか置けなかった束が(下図左)、これにより柱筋の外にも置けるようになった(同右)。*

このように、上部構造を意識した変則的な梁配置がおこなわれるようになると、逆に下部構造についても、原則にのっとった柱配置をする必要がないことに気づく。 縦横に置いた梁が介在することで、次第に架構と軸部の関連は希薄になり、日本の建物は古代の身舎・庇に二分される構成を離れ、柔軟な柱配置によって建物内部を小さな部屋に分割する「間取り」の自由を獲得していった。


MONZA JAPAN JP STYLE VERCELY (JPスタイル バークレー) ブラック/ブラッククリアポリッシュ 16インチ 6.5J PCD:100 穴数:4 inset:50 [ホイール1本単位]●小屋組と軸組の分離 [17世紀]

更に17世紀には小屋束同士を貫で固める「小屋貫」の技法が登場する。 小屋束と小屋貫を整然と組んだジャングルジム状の強固な構造が用いられ、小屋組は独自の強度を得て、屋根荷重を小屋組全体へ分散させた上で軸部へ落とすようになった。

中世までは天井と化粧垂木によって視覚的・空間的に分けられていただけだった小屋と軸部が、構造的にも分離したことで、軸組の柱や梁の位置にほとんど拘束されずに小屋組を組み立てることが可能となった。  これは見方を変えれば、屋根の形に拘束されない自由な平面を持つ建物が可能になったことも意味した。 こうして大規模な屋根、大空間の部屋、複雑な平面構成を持つ建物の建設が容易になり、17世紀前半の建設ブームと相俟って、大広間を持つ大名居館や武家屋敷、大規模な仏堂が各地に建設されることとなる。 16インチ サマータイヤ セット【適応車種:アコード(CL系 16、17インチ装着車)】HOT STUFF ラフィット LW-03 ブラックポリッシュ 6.5Jx16NANOエナジー 3プラス 205/55R16*


余談と参考文献

余談1^ 中国には当時すでに大きく高い屋根を架けるための構法があった。 宋代の建築技術書『営造法式』に記される「殿堂」がそれで、斗栱と梁を整然と積み上げて屋根を支えるもので、屋根を葺きおろす「庁堂」よりも高級とされた。 現存する奈良時代日本の建物は庁堂ふうのものばかりだが、殿堂の構法が伝わっていても不思議はない。 ここで注目されるのは興福寺東金堂[1415年/奈良](下図左)で、15世紀の再建のため、梁上の構造は中世の小屋組だが、旧規に倣ったとされる下部構造は唐代の殿堂である仏光寺大殿(下図右)[857年/山西五台]とよく似ている。 唐招提寺金堂が庁堂ふうなのは単に寺のランクが一段落ちるからで、興福寺のような当代第一級の寺院の金堂(ほかに東大寺、西大寺、大安寺、薬師寺など)では純正の殿堂架が用いられていたのかも知れない。(参照:唐―設計システムの完成


余談2^ 反り屋根はすぐれた技法だと思うが、その代償もある。(参照:東アジア木造架構の限界

余談3^ 建物を妻入りにすればもっと簡単に解決した気もするが、当時はまだ中国文化の権威が強かったのだろう。 (参照:平入りの伝統

余談4^ 中国でも似たような要請から日本に先駆けて仏殿の奥行拡張が行われているが、梁の長さと組み合わせを変えることで柱を移す中国の方法はスマートである。(参照:遼・北宋―礼拝空間の形成

余談5^ 中国南部には日本の野屋根と同じく屋根を二重に架ける「草架」という技法がある。 雨の多い地域では誰でも思いつくことなのかも知れない。 (参照:南宋・元(中国南部)―奥行の拡張

余談6^ 穿斗式は長江文明の高床式建築に淵源を持ち、中国正統の抬梁式とは別系統の構法である。 (参照:抬梁架と穿斗架

余談7^ 桁行梁自体は金元代の中国で盛んに用いられていた「縦架」と軌を一にし、日本独自というわけでもないが、中国では桁行梁を通常の梁間方向の梁の足場として、柱を省略するために用いたのに対し、日本ではむしろ上部構造を支える束の足場を設けることを目的に導入されており、目線がまったく逆なのが面白い。 そのため、同じ桁行梁でも日本の場合は梁間方向の梁の上に乗るのに対し、中国では梁間方向の梁の下に置かれる。 もっとも日本でも唐招提寺講堂[1275年改築]をはじめ、柱の省略のため中国と同様の配置を取ることもある。 (参照:金・元(中国北部)―移柱と減柱) 

余談8^ 以前、「そんなに大きな屋根を架けてなんの意味があるのか」と韓国人に問われ、答えに窮したことがある。 日本のやり方では奥行を広げても空間に高さがないので、外からの光が届く範囲は限られているし、実際、二条城の御殿でも中心部分は物置になっている。 いくら大空間を得ても薄暗く、列柱で見通しも効かないとなれば、用途は限られてくる。 まして屋根で覆った空間を一体として用いるならともかく、二条城の御殿のように壁でいくつかの部屋に分割してしまうのなら、個々の部屋を別棟にした方が合理的かも知れない。 ただ、ここでは合理性よりも日本において屋根が持つ社会的な意味を考慮すべきなのだろう。 燃費や利便性でいえば小型車がすぐれていても、敢えて大きな車に乗ることが経済力や地位を表すように、近世日本では屋根の大きさが富や地位を表現する手段でもあった。 それだけのために大量の木材を消費する文化は他国からみれば愚かしく見えるかも知れないが、大きいものをただ大きいというだけの理由でありがたがる単純な人間はどの国にもいるだろう。

余談9 この文で「発展」や「発達」という言葉を何度か使ったが、適切だったかどうか分からない。 個々の問題点が何らかの変化で解決したとしても、それと交換に失ったものもあるだろう。 少なくとも古代建築と近世建築のどちらに偉大さ、崇高さ、美しさを認めるかと問われれば、わたしは迷うことなく前者を選ぶ。 そうした形而上の効果よりも実際の機能を求めたゆえの「発展」なのかも知れないが、機能という面で評価するなら近世の大規模建築技術は鉄筋コンクリート造やレンガ造はもちろん西洋の木造建築にすら及ばず、明治以降なんの役にも立っていない。 我々の愛すべき文化に価値を認めたければ、「異なる要求に対して異なる制約のもとで得られる最善のものを提供したのが各国各時代の建築文化なのであって、そこに優も劣もない」という立場を選ぶべきなのだろう。

1^ 後藤治『日本建築史』(2003年共立出版) 2章2節46-47頁(身舎と庇) 2章4節52-53頁(野小屋と野屋根)、1章4節27-29頁(仏堂の発展)、

【クラッツィオ Clazzio】ヴィッツ/Vitz NCP131 などにお勧め クラッツィオ キルティングタイプ ・ シートカバー 1台分 品番:ET-1120,[#tong##]

メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 詳細 品番 : ET-1120車種 : ヴィッツ/Vitz型式 : NCP131年式 : H26/5→MC迄-席数:5人グレード等:RS"G’s" / RS"G’s"スマートパッケージ【適合条件】フロントG’s専用スポーティシート 車種別商品は適合する車種・形式・年式・グレード等をご確認のうえ、注文時にご記入ください。※商品内容の詳細、適合についてはメーカーへ直接お問合せご確認ください。※メーカーHP等で品番内容を必ずご確認の上でお求めください。(現車確認できないため、当店では適合確認・保証は一切できません。ご注文されたメーカー品番での手配となります)※配送先タイプの選択について「自動車関連事業所」をお選びいただいた場合、お届け日時指定は無効となります。また、 お届け先指定がシートカバーの販売店や取り付け委託業者以外は無効です。判断はメーカーが行い、非対応とされた場合は「それ以外」に当たるものとして送料加算など手続きさせていただきます。(対応例 :終日受取可能である事。カーショップ、車販売店、整備/板金工場、車用品店、etc)(非対応例:運送業、タクシー/バス会社、教習所、学校、車以外の工場、事務所、営業所止め、etc)メーカー側で予告無く仕様変更や生産終了の場合があります、予めご了承ください。画面上の色は実際のものと多少異なる場合があります。また参考画像はイメージであり、材質や色が実際の商品と異なっていたり、商品以外が表示されている場合があります。■ご注文後、当店からのメールを必ずご確認ください。(※迷惑フィルタ等ご注意ください)■メール問合せ時、当店から回答がない場合はお手数ですがお電話にて再度ご連絡ください。■キャンセル・注文変更等はメーカー手配完了前まで、お電話でのみ受付可能です。■お客様都合による返品・キャンセル等はできません。 タイヤ太郎なら トヨタ ヴィッツ/Vitz 対応品がお買得! 激安 & 格安品 【シートカバー】 人気の clazzio クラッチオ シート・カバー 。 clazio クラツィオ 座席カバー 1台分 / 一台分 (一部車種除く) のお求めは当店で! クラッツィオキルティング が人気。 お買得な クラッツィオ・キルティング 。 キルティングタイプ キルティングタイプクラッツィオ クラッツィオキルト キルトタイプ キルトクラッツィオ 等でお探しの方もコチラです! トヨタ toyota vitz ビッツ vits でお探しなら是非!

、2章4節53-54頁(桔木の登場)、4章1節103-104頁(和様の構造的欠陥、貫)、107-111頁(貫による構造強化と意匠の変化、桔木の影響)、6章3節186-189頁(小屋組の発達)
2^ 村田健一『古代の建築技法の変遷と終焉』; 山岸常人編『シリーズ都市・建築・歴史2 古代社会の崩壊』(2005年東京大学出版会)所収 第1節352頁-355頁(二種類ある構造システム)、3節382-385頁(構造と意匠の分離 【送料無料】 185/60R15 15インチ MID ファイナルスピード GR-ガンマ 5.5J 5.50-15 ROADCLAW ロードクロウ RP570(限定) サマータイヤ ホイール4本セット、軸部と屋根の分離、野屋根)
3^ 山岸常人『塔と仏堂の旅』(2005年朝日選書) 49-50頁(内部空間をどう使ったか)
4^ 大森健二『社寺建築の技術』 90-119頁(小屋構造)

記事一覧へ



by chounamoul | 2012-06-21 08:39

<< 等縮尺での比較 清雅の建築 >>


Clazzio】ヴィッツ/Vitz Clazzio】ヴィッツ/Vitz 1台分 などにお勧め クラッツィオ 【クラッツィオ ・ シートカバー NCP131 品番:ET-1120 などにお勧め キルティングタイプ

※ メッセージを入力してください
{yahoojp} {chounamoul.exblog.jp} {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-18539